愛の周波数を奏でる楽器   -            真琴
RSS ファンになる

送信元: FeedBurner


最新記事

第一回 個展 展示販売会  お知らせ
弦の交換レクチャー 8月27日
隠れていた5音階 浮上の巻
真琴体験  8月4日  15時から
真琴 はじめの1歩 

カテゴリー

18l種類のサンプル音
528hzを奏でる弦楽器
5音階
j自律神経を整えるCD
アカシック・リーディング
あの真琴は今?
あわ歌 ひふみ祝詞  わ
あわ歌、ひふみ祝詞  わ
アワ歌の唱え方
イベント
お気に入りの歌
お知らせ
サンプル演奏♪
ソルフェジオ周波数
チューニングをマスターす
トリプル倍音  扇
トリプル倍音 解説
フォローアップ講座
まことのはなし
メンテナンス
ゆほびか  発売
五音階 のラインナップ 
原点回帰
古代の叡智
周波数・528hz関係
宇宙
宇宙演奏家 長内真美さん
平均律と純正律
弦の交換
弦楽器の歴史
愛が鍵
愛の周波数ライブ
愛をこめて花束を
新作 SPACY  完成
新作 トリプル倍音 扇
新作 構想発表   扇
新作SPACY
真琴 レッスン
真琴528と祈り
真琴セッション
真琴トークライブ
真琴と音
真琴ニストのためのコンチ
真琴のお手入れ
真琴のチューニング
真琴のフォローアップ講座
真琴のワークショップ  
真琴のワークショップの様
真琴の会
真琴の奏で方2015年
真琴の弦の話
真琴の演奏
真琴の演奏風景
真琴の玉手箱
真琴の玉手箱」
真琴の説明
真琴新型 扇
真琴祝詞詩
祈り
神秘の音
神聖幾何学文様
神聖幾何学模様  シード
調律の仕方
講演会 まことの話
連続調和音 22弦
集いのお知らせ
音・サイエンスチャンネル
音の力を求めて
音階の覚え方

アーカイブ

10月 2018
8月 2018
7月 2018
6月 2018
5月 2018
2月 2018
1月 2018
12月 2017
11月 2017
10月 2017
8月 2017
6月 2017
4月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
11月 2012

検索エンジンの供給元:

まことの話

弟橘姫にまつわる話 神話の謎

 
 地元の神社「吾嬬神社」は祭神が弟橘媛命 相殿に日本武尊を祀っています。
 弟橘媛命といえば、夫のために荒ぶる海に身を沈め、海神の心を沈めたという献身的な神話があります。
そしてこの地に、お召し物が磯辺に流れ着いたのでそのお召し物をこの地に納めたようなのです?(掲示物からはそう読み取れるのですが…)
 今は地盤沈下のせいで、この地は丘ではないのですが、当時は,「浮洲の森」呼ばれこんもりと茂った微高地だったようです。かつてはこの森が海上からの高目標であったようです。
 群馬県と埼玉県の境に流れる、神流川の畔にある、鬼石町の「体験学習館MAG」に入ったとき、目が釘づけになりました。
 2畳分ほどの大きさの絵には、川に髪が流れている様子とすくいあげている様子が描かれているのでした。解説を読むと、弟橘媛命の遺髪が流れている様子の絵ということでした。
 
 この川は、昔「髪流川」といったそうです。川の上流の上野村の神社に、遺髪が最近まであったとか?の噂が気になるところです。興味深々です。
  
 弟橘媛命伝説は各地にあり、インターネットで調べると、 弟橘媛命の櫛やお召し物が漂い着いた話も複数あるので、不思議な気がしました。神話の謎です!
 そして地名が似ているので、気になっていたのですが、弟橘媛命ゆかりの、地名のようなのです。驚きです!
 
 その一つの、群馬県の吾妻町も、弟橘媛命ゆかりの地のようで、私の住む、立花は昔、吾嬬町という呼び名でした。
 
吾嬬神社の「ご神木は「連理の樟」一つの根から二つの幹を見せる」
 と説明があるのですが、一つは枯れているようで、ショックでしたが、裏に回ってみましたら、新しい木が生えていました。世代交代?少しホッとしました。→
 この場所で真琴をしばらく弾いてきました♪
 
¥@ 群馬県の弟橘媛命の伝説が気になったので、群馬県立図書館の調査室に頼んで、関連資料をコピーして送っていただくことにしました。到着が待ち遠しいです。
 
真琴のご縁のルナマイさんもブログに弟橘媛の事を書いています。http://ameblo.jp/lunamai-kaiwa/
 
(5月4日に十条のギャラリー喫茶でお会いした時に私の名刺の住所に ”立花”と書いてあるのを見て「弟橘媛」キーワードで繋がっていたように思える展開になっています…)
 何か、神仕組みが働いているのでしょうか?
 
 
 昨年は古事記の本を2冊購入しました。
 竹田恒泰先生の講演会を2回聞きましたが忘れかけていた日本の物語が甦り、魂が震えるようでした。目が覚めました。http://www.takenoma.com/
 漫画で見る古事記は、なかなか面白く、天岩戸開きシーンで、天宇受売命(あめのうずめのみこと)が樽の上で下半身をあらわに男性神を前に踊っている様子の絵が印象的でした。(現代風に表現すると、女神のストリップショー♪)
 
 
 男性神たちは、大喜び!(男性心理そのもの?)
 その異様な賑やかさに,天照大御神様は外の様子が気になり、岩戸から外の様子を覗いたとき、天手力男神(雨の田近ラオの神)が捕獲班の役割で、天照大御神を外に引出し、この世に光が戻ったというストーリーです。(P46)
 
  この時の天照大御神は男性神だったのでは?という説があります。
 そして今の時期、神界の建て替え建て直しのご神業をなさっている方が言うには、女性の天照大御神(アマテラスヲヲミカミ)に変わったというのです…
       ”すべては元一つ”