愛の周波数を奏でる楽器   -            真琴
RSS ファンになる

送信元: FeedBurner


最新記事

2017年12月3日 埼玉県 さいたま市にて
真琴の里帰り
  勾玉真琴が新しくなります。
真琴の弦の話
9月6日 大阪 真琴トークライブ

カテゴリー

18l種類のサンプル音
528hzを奏でる弦楽器
j自律神経を整えるCD
アカシック・リーディング
あの真琴は今?
あわ歌 ひふみ祝詞  わ
あわ歌、ひふみ祝詞  わ
アワ歌の唱え方
イベント
お気に入りの歌
お知らせ
サンプル演奏♪
ソルフェジオ周波数
チューニングをマスターす
トリプル倍音  扇
トリプル倍音 解説
フォローアップ講座
まことのはなし
ゆほびか  発売
五音階 のラインナップ 
原点回帰
古代の叡智
周波数・528hz関係
宇宙
宇宙演奏家 長内真美さん
平均律と純正律
弦の交換
弦楽器の歴史
愛が鍵
愛の周波数ライブ
愛をこめて花束を
新作 SPACY  完成
新作 トリプル倍音 扇
新作 構想発表   扇
新作SPACY
真琴 レッスン
真琴528と祈り
真琴セッション
真琴トークライブ
真琴と音
真琴ニストのためのコンチ
真琴のお手入れ
真琴のチューニング
真琴のフォローアップ講座
真琴のワークショップ  
真琴のワークショップの様
真琴の会
真琴の奏で方2015年
真琴の弦の話
真琴の演奏
真琴の演奏風景
真琴の玉手箱
真琴の玉手箱」
真琴の説明
真琴新型 扇
真琴祝詞詩
祈り
神秘の音
神聖幾何学文様
神聖幾何学模様  シード
調律の仕方
講演会 まことの話
連続調和音 22弦
集いのお知らせ
音・サイエンスチャンネル
音の力を求めて
音階の覚え方

アーカイブ

11月 2017
10月 2017
8月 2017
6月 2017
4月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
11月 2012

検索エンジンの供給元:

まことの話

 五音階ワールド 探究 天界の和音階を探して

    天界の和音を探がして
   
   2016年2月8日  5音階の葵が仲間入りをして9種類の5音階が出て、ひと段落かな? わかりやすいチャートを作ろうと考えていましたが、
 
 「天界の和音階があったらしい…」 

 神霊界と交流のできる、由良さんからのメー ルを頂いていましたので、とても気になっていました。 
  
 「まだ、探していない5音階がある」
 
 そう強く思いまして、取り組んでみました

 12音階の表を作り、これまでのパターンを当てはめてみました。
 (  C♯ =D♭   G♯ =A♭ としました
  ※音名 表記が12音階になると2パターンあるようです
 コルグ社のCA=1の電子チューナーは C♯ G♯ 表記です)

 2015年3月に マキノ出版社さんからの依頼でCD制作に入る準備でファシ抜きの C   C♯ E♭G  G♯
の音階と出会いました。

(これも沖縄音階の1つとわれています)
   
  C♯ = D♭として  ファシ抜きグループの仲間入りとしました。 とても優しいメロディーに感じましたので
優”(ゆう)と名付けました。

  このパターンでミシ無し音階にC C♯ F G G♯ を探しました。”葵”(あおい)と名付けました

 これまでも、直感で5音階に命名してきました。
 
  音楽の先駆者の皆様方がつけた名前があるのでしょうが、自分が覚えやすく、親しみやすいようにつけた愛称、ニックネームのようなものです。

 
  「5音階なら皆が音を奏でられる!」
 
 528Hzの出会いと共に五音階との出会いは感動でした。

   「天界の和音階があったらしい…」

 「神様は、これでいいという考え方は嫌いだそうです。常に前に、革新的に、新しいものを求める姿を好んでいます」

 これでいい…と思う気持ちを振り払い新しいものを求めていかなければ



 


音と体の部位と自然界の対応
               谷村新司さんの本より

◆ド→ 土 ・会陰 ◆レ→火・丹田 
◆ミ→ 水・へそ◆ファ→ 風・ みぞおち 
◆ソ→太陽・心臓◆ラ→宇宙・ 喉 
◆シ→ 死・松果体◆上のド→天・頭上部  


 12音階の表を作り ドとソを固定 としました。

 ドは土 大地  ソは太陽  
 (谷村新司さんがプレアデスから受け取ったメッセージ)

10音の組み合わせになります

  レ♭・レ・ミ♭・ミ・ファ・ファ♯・ラ♭・ラ・シ♭・シ

 今までの9パターンを参考に構成して、調律をして奏でてみました。

 私の中では、初めての音階になります♪

 とても神妙な気持ちでした

 ●ミラ無し→ おなじみのミシ無しのラの音がシになりましたので、少し明るい感じです。なんとなく暁に似ています

 ●レシ無し→ おなじみのレラ無しのシの音がラになっています。 沖縄音階風はなくなり、とてもきれいなメロディーになりました。 愛が燦々と降り注いでくるような体感です。
音のシールドエネルギーが強うように感じました。とても暖かい愛情で守られている感じを受けました。

 ●ファラ無し →おなじみのファシ無しのラがシに上がりました。軽く、明るく、そよ風がそよそよそよぐような、爽やかな印象のメロディーに感じました。

  他6種あり奏でてみましたが、大きな気づきがありました。
綺麗な音色、メロディーを探してきましたが、私は、音が運んでくる情報に関心があります

 音は情報を運んでくるのです
















           アレクサンダー・ラウターヴェッサー
            増川いづみ「監訳・解説」 
                          ヒカルランド


C C♯ E G B♭ ???不安、恐れ、焦り、が感じ取れるのです。  このメロディーが運んでくる情報はなんだろう?と考え込んでみました


天界の和音階がどれなのか?
天の岩戸開きに使われた音階なのか?どうなのか?
まだ解りませんが、探求していきたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「谷村新司の不思議すぎる話」より マガジンハウス

203ページ

 日本古来の和音階では「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」のうち「ファ」と「シ」の音を使いません。202ページのイラストを見てください。
 これに対応している自然の要素は「風」と「死」です。
 
 日本人は7音階のうち「ファ」と「シ」の音を使和ない5音階で生きています。それは和音階の特徴でもあります。

 だからこそ日本人は、和音階では使っていない「ファ」と「シ」がシンボライズしている「風」と「死」を音楽以外のフィールドで追及してきました。

 風は目に見えませんし、一カ所に留まることをしません。それは「常に無い」ということ。「すなわち「無常観」につながります。

 208ページ 
 トは日本という場所に最初に降り立った初めの「音」なのです。 
 
「ド・レ・ミ・ファ……」で太陽を意味する「ソ」に、最初に降り立った音である「ト」をあてがうとどうなるでしょうか。そう。
「ハ・ニ・ホ・ヘ・ト・イ・ロ・ハ」 という並びになるのです。

 改めて考えると「音」という漢字は「日」が「立(つ)」と書きます。

 日=太陽がすべての始まりであり、音こそがそこで重要な役割を果たしている。

 いにしえの日本で「オト」というカタカナに「音」という漢字をあてがった人々にはそのことがはっきりわかっていたと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

真琴のワークショップ 好評開催中♪
 
※詳しくはホームページ makoto 528.comでお知らせしています。
※フォローアップ講座 も開催しています。
  チューニングを完全マスターし調った音を奏でましょう♪

※フェイスブック グループ  真琴のひろば

https://www.facebook.com/groups/makoto528/

      最後までお読みくださりありがとうございました