愛の周波数を奏でる楽器   -            真琴
RSS ファンになる

送信元: FeedBurner


最新記事

9月6日 大阪 真琴トークライブ
弦の交換サポート 8月16日   9月24日
真琴  新作SPACY 完成報告
新作 神聖幾何学アート・パワーストーン
 シリウスの超叡智  より  音について

カテゴリー

18l種類のサンプル音
528hzを奏でる弦楽器
j自律神経を整えるCD
アカシック・リーディング
あの真琴は今?
あわ歌 ひふみ祝詞  わ
あわ歌、ひふみ祝詞  わ
アワ歌の唱え方
イベント
お気に入りの歌
お知らせ
サンプル演奏♪
ソルフェジオ周波数
チューニングをマスターす
トリプル倍音  扇
トリプル倍音 解説
フォローアップ講座
まことのはなし
ゆほびか  発売
五音階 のラインナップ 
原点回帰
古代の叡智
周波数・528hz関係
宇宙
宇宙演奏家 長内真美さん
平均律と純正律
弦の交換
弦楽器の歴史
愛が鍵
愛の周波数ライブ
愛をこめて花束を
新作 SPACY  完成
新作 トリプル倍音 扇
新作 構想発表   扇
新作SPACY
真琴 レッスン
真琴528と祈り
真琴セッション
真琴トークライブ
真琴と音
真琴ニストのためのコンチ
真琴のお手入れ
真琴のチューニング
真琴のフォローアップ講座
真琴のワークショップ  
真琴のワークショップの様
真琴の会
真琴の奏で方2015年
真琴の演奏
真琴の演奏風景
真琴の玉手箱
真琴の玉手箱」
真琴の説明
真琴新型 扇
真琴祝詞詩
祈り
神秘の音
神聖幾何学文様
神聖幾何学模様  シード
調律の仕方
講演会 まことの話
連続調和音 22弦
集いのお知らせ
音・サイエンスチャンネル
音の力を求めて
音階の覚え方

アーカイブ

8月 2017
6月 2017
4月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
11月 2012

検索エンジンの供給元:

まことの話

真琴の玉手箱 フトマニ

 画像が不鮮明ですが、このフトマニ図は2013年11月の出会いより、ずっと気になり、納得いくまで求めてみようと、いろいろ調べてきた集大成の物です。

 神代文字、オシデモジ  
 
 神代の時代より日本にあった文字 それはとても理にかなっている体系で出来ています。

① 気体 空は○、冷たい 風はドームのような形,火、温かく昇る △ 水、液体は流れるような形、固体 土ハニは□

②はじめ、つなぐ、ひらく、なる、たす、かける、ちらす、とめる、はねる、おわる。 記号のような物に意味があります 

①と②の合わせたものが文字になっているのです。

 埼玉県のある幼稚園ではこの文字を園児たちが覚えているのです。素晴らしい事です。

 このフトマニ、ホツマツタエ、ミカサフミなどの古文献は代々、写本され、綿々と受け継がれてきたのです。      

 しかし、古事記、日本書記が表に出て受け継がれていた物と違い、歴史の表舞台から、隠れひっそりと、時を待つかのように、埋もれていたようなのです。 保管元の家の当主も、実はそのものが、それほどの歴史書とは知らずにいたようです。写本の原本は、虫に食われていた物もあり、研究家の方々は、それはそれは慎重に、丁寧に。1ページ1ページの解読作業に挑んだようです。


 日本古来の生活様式が生き生きと和歌となって受け継がれてきたのでした。
 今、日本のあちらこちらで勉強会を開催しているようです。

 新製品 真琴の玉手箱 

 私が真琴を大量生産が出来ない現実がありますので、1つ1つの真琴にもっとパワーを持たせたいと考えました。それは、遊び心でもあります。(*^_^*) 


 フトマニエネルギー、EM麻炭エネルギー、クリスタルエネルギーを真琴に装備させたいと考えるようになりました。

 設計、塗装テスト、フトマニ、オシデモジの選択とやっと揃いました。 

  4月26日、完全徹夜の中フトマニは完成しました。    

 「フトマニを極めよ!」「48の音を紡げ!」ミッションを少しでも進めていきたいので、祈る気持ちで、制作を進めました。文字は鉛筆に筆圧をかけて書きました。
 
 古代は何で書いたのでしょう? 
 エネルギーの転写で石にでも堀込めたように思います。  
 麻炭で書いたのかな~~そんなことも考えました。

 私は鉛筆で書くのがしっくりきました♪

 私は、2人のチャネリング能力のある方にこのフトマニを見てもらいました。 

「ルが気になりますが何か違和感など感じましたら教えて下さい」…と伺いました。

 4月14日の伊勢原イベントでご一緒させていただいた、ビジョンが見える方、神様とコンタクトが取れる方からは  
「やさしいエネルギーを感じます金山様ご夫妻と、アメノフトダマ様ご守護の元書かれたビジョンが見えました。ルの部分も手を挙げたビジョンが見えたのでそれでいいようです」 とのことでした。

 ゴーサインが出ましたので、この字体で真琴の玉手箱に装着していく事にします。

  ですが、本当に原初この通りだったとは言い切れませんし、正解、不正解も解りません。私がなんだかとても満足してこの時期にやっと仕上がった安堵感に包まれている事は事実です❤

  やはり神様は身近な存在なのだと感じます。
 きっと、どなたにも、守護神、守護霊がいるという事です。
 
 真琴の玉手箱 まだ販売価格が決まりません、決まり次第発表致します。


サイズは 縦170㎜ 幅320㎜ 高さ 70㎜ 蓋付き

      A4サイズぐらいです

      弦数13本  音域検討中 低音弦を入れたい
      実物に弦を張りテストをして、音の並びを考え
      るつもりですが100Hz辺りの周波数を備えたいで
      す。   

      
    初回12個販売となります。
    
    6月6日真琴の集いで正式発表!
    
    直接販売となります。(お顔の解る方に託します)


    直観で何か感じる方はお電話くださいね。      
            
            出沼理恵子 080-8025-7959