愛の周波数を奏でる楽器   -            真琴
RSS ファンになる

送信元: FeedBurner


最新記事

2017年12月3日 埼玉県 さいたま市にて
真琴の里帰り
  勾玉真琴が新しくなります。
真琴の弦の話
9月6日 大阪 真琴トークライブ

カテゴリー

18l種類のサンプル音
528hzを奏でる弦楽器
j自律神経を整えるCD
アカシック・リーディング
あの真琴は今?
あわ歌 ひふみ祝詞  わ
あわ歌、ひふみ祝詞  わ
アワ歌の唱え方
イベント
お気に入りの歌
お知らせ
サンプル演奏♪
ソルフェジオ周波数
チューニングをマスターす
トリプル倍音  扇
トリプル倍音 解説
フォローアップ講座
まことのはなし
ゆほびか  発売
五音階 のラインナップ 
原点回帰
古代の叡智
周波数・528hz関係
宇宙
宇宙演奏家 長内真美さん
平均律と純正律
弦の交換
弦楽器の歴史
愛が鍵
愛の周波数ライブ
愛をこめて花束を
新作 SPACY  完成
新作 トリプル倍音 扇
新作 構想発表   扇
新作SPACY
真琴 レッスン
真琴528と祈り
真琴セッション
真琴トークライブ
真琴と音
真琴ニストのためのコンチ
真琴のお手入れ
真琴のチューニング
真琴のフォローアップ講座
真琴のワークショップ  
真琴のワークショップの様
真琴の会
真琴の奏で方2015年
真琴の弦の話
真琴の演奏
真琴の演奏風景
真琴の玉手箱
真琴の玉手箱」
真琴の説明
真琴新型 扇
真琴祝詞詩
祈り
神秘の音
神聖幾何学文様
神聖幾何学模様  シード
調律の仕方
講演会 まことの話
連続調和音 22弦
集いのお知らせ
音・サイエンスチャンネル
音の力を求めて
音階の覚え方

アーカイブ

11月 2017
10月 2017
8月 2017
6月 2017
4月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
11月 2012

検索エンジンの供給元:

まことの話

”ルナマイさん”  発信のブログより



   ルナマイさんのブログ
        「きのうは宇宙に行った?」
2014年1月7日発信の記事をお借りしました

 ルナマイさんは2013年5月4日に初めてお会いしたその日に、真琴の取次窓口を承諾してくださった方です。前世からのご縁を感じていましたら、やはり前世でご一緒でした(*^_^*)
 

 天の計らいを感じずにはいられません。真にありがとうございます

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 

今年のスピの輝かしい幕開けの1日

みなさま、こんにちは


いまやっと時間ができました

きょうのイベントは、今年のスピ方面の活動のスタートとなる大切な会となりました

すばらしいアートをお持ちになってイギリスから1時帰国されたウィルクス恵美さん、真琴創始者の出沼理恵子さんとともに、実り多き会を開催させていただきました

ご参加くださったすべてのみなさまに感謝をお伝えさせていただきたいと思います

ありがとうございました

明日 あさってと、ブログを書けないかもしれないので、いま少し書けるところまで書きたいと思います

ウィルクスさんの息を呑むほど美しいアートも、画像の準備が出来次第ご紹介しますね

さて、きょうは、わたし的にいろいろと試してみたいことがありました

いま、真琴は、出沼さんにより、数種類の音階が発見されています

その各音階が、どのように違う世界を生み出すのか知りたかったのでした

ということで、きょうは出沼さんのワークショップ形式に進めていき、それぞれの音階をみなさまで合同演奏していただきました

出沼さん持参のキャンドルの炎の揺らめきも美しく、どの音階であっても、演奏中は、眠りの世界へいざなわれそうになった、一切の思考のない無の境地だった、というご感想を多くいただきました

きょうは、あまり時間がないので、かいつまんで、わたしの感じたことなどを少し書きたいと思います

まず、最初の昇音階での瞑想では、途中からみなさまの音の中に1大ハーモニーが生まれ、宇宙エネルギーと同質のすばらしいバイブレーションのエネルギーが流れ込んできて、大変感動しました

また、羽音階では、丸いなだらかなさほど高くない山々に囲まれた湖が見えてきて、冒頭の画像のような髪型で白っぽい衣装に身を包んだ天女たちが優雅にくつろいでいるビジョンが見えました。

太古の昔、そのようなことがあったのではないだろうかと思いました

また、雲音階に関しては、まるで龍を召還しているのではと思うようなエネルギーとともに、何体かの龍の気配、その中でも、白っぽい大きな龍が8の字を描くように優雅にわたしたちのエリアの中を飛翔しており、その愛念、天象を司り、豊穣をもたらさんとする彼らのお役目に胸が熱くなりました。

上空から俯瞰するように、整然とした豊かな田んぼが見えました。

また、白っぽい龍には、長いりっぱなお髭が一対に生えていました。

みなさま、それぞれに受け取るものや、導きだされるエネルギーが違うと思います。

しかし、1つの楽器で、これだけの違う世界を創造する『音』は、わたしたちが失ってしまった古代文明の叡智の復活も予感させ、今後科学的にいろいろと人類に役立つツールとして認識されていくような予感がします。

きょう、出沼さんがお話された宇宙語には、アトランティスの技術者の波動が乗っていて、そのようなことを示唆されたのでした。

音がエネルギーとして使用可能になれば、ほんとうにクリーンエネルギーで、地球の環境に一切のダメージを与えないでしょうし、傷ついた地球を修復することも可能でしょう

地底世界では、充分に実った果実を木から落とすのに『音』が使われていると本で読みましたし、あのピラミッドの石を持ち上げるときも『音』が利用されたと書いてある本もありました

『音』には、わたしたちがまだ知らない、多くの活用法があると思われます。

真琴とともに、音の無限なる可能性がさらに広がるのがとても楽しみです

最後になりましたが、きょうは、イギリスやアートに興味があるぴじゅが少し顔をださせていただいたのですが、ウィルクスさま、ぴじゅにいろいろとステキなお話をお聞かせくださってありがとうございました

夕食時に、目を輝かせてわたしにいろいろ聞かせてくれました

心より感謝いたします
m(u_u)m

それでは、みなさま、きょうはこれにて失礼いたします

良い夢を